商品選びは2秒が命!

アダルトDVDだけではないと思うが、服にしても、本にしても最初に手に取るまでの判断は恐らく2秒程度だろう。店としては手に取ってもらう事がまずは大切だ。特にアダルトDVDともなれば、TVCMなど商品広告は殆どない為、パッケージそのものが数少ない宣伝材料になる。その為手に取らせることでしか販売に繋がらないわけだ。(DVD情報誌もあるが、映画などに比べれば圧倒的に広告は少ないだろう。)

商品特性上、基本的には口コミも少ない。最近はSNSなどのお陰で口コミは増えたが、わざわざ「あの作品良かったよ!」なんて友人に言う人は極まれだろう。時々セクシー女優の〇〇さんなどとTVに出演するのを見かけるようになったが、普段AVを見ない人にとっては誰だろうとなっているのではないだろうか?

その為にパッケージ力さえよければ自然と売り上げにつながる事はメーカーはよく知っている。
ポイントは2秒で手に取ってもらえるパッケージかどうかだ。

正直、陳列されている周辺にも無数のアダルトDVDが並んでいる、その中でひと際目立たせることが出来れば、手に取らせるという第一歩は成功する。

文字の大きさ、色、形、言葉、写真、女性のスタイル、ポーズなどある訳だが、これがかなり難しい。

女優ものなら主役の女優を良く見せるのか当然ポイントになるが、作品が学生ものか人妻ものか
そのジャンルによって化粧、ポーズなど様々だ。

わたしが思う手に取りやすい(目立ちやすい)と言えばシリーズ作品だ。店頭には過去作も含めて陳列されるため、一瞬目に留まる。それだけでも手に取ってもらう確率は上がるはずだ!

今一度シリーズ作品にスポットライトを照らしてみたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました