来店歓迎!アブノーマル客。

エロDVDショップには、様々な客がくる。
どんな客でも大歓迎だし、同じようにしっかりと対応する姿勢は変わらないが、これからショップに来ようとしている客には、極度に驚く事が無いように心構え的な知見で読んで欲しい。

では今まで見かけた客を披露しよう。

①手袋
文字で見ると、特に違和感は少ないが、手袋でも手術用のゴム手袋だから気になる。

このブログを書いている今、中国で新型コロナが流行っているわけだが、見かけたのはまだそんなウィルスとは無縁ともいえる昔の話だ。

その客はエロ本の起ち立ち読みで、ざっと5時間は読んでいたと思う。
まあ立ち読みは問題ない訳が、その光景はちょっと異様だ。

潔癖症なのだろうとは思うが、 周りの客からしてみれば近寄りがたい。

②女装客
この手の客は意外と何処にでもいる。
a.女装が好き。
b.女装が普段着?
c.LGBT。
d.女装の姿を見せたい。
それぞれ趣味嗜好はあるだろうから、もちろんかまわない。

しかしだ、dは少したちが悪い場合がある。
ピチピチの昔ながらのボディコン、ワンピースや露出の多い服、超ミニを履いてくる。
普通に入ってきた男性客は一瞬「おっ!」と期待するのも束の間。
悪い物でも見たかのように、みんなその場を離れる。

それにエロDVDショップには若い客ではなく親父の女装が多いような気がする。

客として静かに買っていくのは良いが、わざわざ見せびらかすのではない!

③ホットパンツとすぎちゃん風のジージャンの親父
なぜだ、なぜその格好で出歩くんだ?
何を主張したいんだ?
服装に文句を言うつもりはないが、アダルトを買う時くらい目立たないようにこっそりと買いなさい!と言いたい。

見た目40後半の細身のそのおじさん。そのホットパンツはケツにおもいっきり食い込み、細身とは言え多少の弛んだケツ左右の肉が脇から出ている。

しっかりと見てしまっただけでなく、脳裏に焼き付いてしまった。

ほんとどうしてくれるんだ!!

と色々な客が来るのがエロDVDショップの楽しみかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました