時々気まずいレジ販売。

レジ販売は客にとっては緊張する人もいるようだ。 それは自分の性癖をレジスタッフに教えるようなものだからだろう。 その為に出来る限りその場から早く立ち去りたいという気持ちが働く様で、見ているとそわそわしているのが分かる客もいる。...

客が5名なのに駐車場に車がない?

なぜだろう?どう見ても車で来ないといけないような所にあるお店なのに、駐車場に車が止まっていない? 時々見かける光景だ。特に日中に多い。 客は確かに入っているのになぜだ? これはアダルトDVDshopに車を止めるのが恥ずか...

レジ窓口が小さいワケ!

アダルトDVDSHOPのレジは馬券売り場のように、商品の受け渡しする窓口だけが開いていることが多い、手元以外は見えないようにしてあり、お互い顔が見えない。わざとだ。小売店として正しいのか?と思ってしまう。 通常なら笑顔で元気に接客す...

18禁ののれん、潜ってしまえばみな同じ!

のれんをくぐると、安心さは一気に増す。周りにいる客はみんな同志に見える。なんだお前もか!と話をするわけではないが、安心感が違う。ただ田舎へ行くと18禁コーナー内でもそわそわして、目でも合おうものなら、すぐにその場を立ち去ってしまうという客...

18禁ののれんをくぐる前はフェイントを。

無事に恥ずかしさも乗り越えて、店に入ると必ず18禁ののれんをくぐることになる。しかし、客はアダルトを買いに来ているはずなのに、多くの客は一般コーナー(アダルト以外のコーナー)をぶらぶらしたり、立ち読みしたりして軽いフェイントをかましてから...

アダルトDVD店に入るのが恥ずかしい。(対策編)

いままで、外観と屋号について書いてきたが、結局のところ恥ずかしいかどうかは人それぞれ、恥ずかしいと思う部分も人それぞれ。私はというと、競合店に視察に行った時に、繁華街の交差点角に店舗入り口があると人目が気になる。信号待ちしている人から丸わ...

アダルトDVD店に入るのが恥ずかしい。(外観編)

繁華街のお店はどうどうとエロを売ってます。と言わんばかりの看板が多い中、片田舎へ行くとひっそりと申し訳なさそうに看板を出しているお店もまだ多く存在する。前に書いた屋号しかり、外観も入り易さをイメージする事は大切だ。 正直、外観はかな...

アダルトDVD店に入るのが恥ずかしい。(屋号編)

いまでもアダルトSHOPに出入りするのが恥ずかしく思ってしまう。誰に見られているわけでもないが、周りのそのお店を知っている人から見れば、エロを買いに行くという事になる。 そんな中、入りやすいお店と入り難いお店があるのは感じている人も...
タイトルとURLをコピーしました